優しく、とても滑らかな粒状感の『Kodak PORTRA160』レビュー

優しく、とても滑らかな粒状感の『Kodak PORTRA160』レビュー

2021年12月24日

Kodak PORTRA160はかなり貴重な現存のISO160フィルムです。

比較的フラットで、優しく、気持ちの良いすっきりとした写真を写しだしてくれる印象のフィルムといった印象。
Kodakのプロフェッショナルフィルムなので少しお値段は高めですが、一度使うとハマってしまうこと間違いありません。

Kodak PORTRA160の特徴、使用感

  • 粒状性の改善により大伸ばしやスキャニング性能を向上
  • 圧倒的になめらかで自然な肌色再現力
  • スタジオでの撮影に最適最適

色やコントラストはナチュラルでEktarを使っている方からすると、薄いなと思われるかもしれません。
肌がものすごくオレンジになることもないので、ポートレートに最適です。

粒状性はEktarにやや劣りますが、PORTRAの中では一番滑らかなようです。引き伸ばしに最適というのもうなずけます。
シャープネスさは低めですが、おそらくフィルムの中ではかなり高い方ではないでしょうか。

個人的にはシャープネスは高すぎない方がおすすめなので、線の柔らかさを感じるPORTRA160はとても好みです。

  • ナチュラルで
  • 肌色が綺麗
  • 粒状感も滑らか
  • そしてシャープネスをそこそこ抑えている

ってことで女性や子どもを撮るのに最適だなといつも思っています。

Kodak PORTRA160の作例

MINOLTA α-7×50mm

NATURA CLASSICA

AUTOBOY S パノラマ

NIKON28Ti

Konica HEXAR

子どもの肌がすごく綺麗に写って最高ですね。

今は価格が5本で8,000円くらいするので本当に高級なフィルムですが、たまには使ってみても良いんじゃないかなと思います。