ISO160カラーネガフィルムの作例、特徴まとめ

ISO160カラーネガフィルムの作例、特徴まとめ

2022年1月6日

ISO160のカラーネガフィルムについてのまとめです。
作例や特徴、使ってみた感想を紹介します。

もともとKodak PORTRA160しか使ったことがありませんでしたが、昨年もう1本新たに出会ってしまったので併せて紹介します。

Kodak PORTRA160

優しい写りがとても好きでPORTRA400とともに愛用していましたが、最近はぶっちゃけ手が出ないお値段のPORTRA160。

Kodakのプロフェッショナルフィルムとして、広告撮影、スタジオ撮影、そのほかさまざまな現場でも使うことを想定して作られているフィルムです。

特徴や使用感

  • 粒状性の改善により大伸ばしやスキャニング性能を向上
  • 圧倒的になめらかで自然な肌色再現力
  • スタジオでの撮影に最適最適

という感じの特徴がありますが、僕は素人なので「人を撮るとキレイに写るなー」くらいの印象です。青色や息子の肌が綺麗に写る印象があります。

  • ナチュラルで
  • 肌色が綺麗
  • 粒状感も滑らか
  • そしてシャープネスをそこそこ抑えている

ってことで女性や子どもを撮るのに最適だなといつも思っています。

作例

>>>Kodak Portra160詳細レビュー

SILBERRA COLOR160

まだ1度しか使ったことがないフィルムですが、とても気に入っています。
ロシアのシルヴェラは2017年ごろに創業された新しいフィルムメーカーで今後がすごく楽しみな会社です。(続いて…)

特徴、使用感

  • ISO160
  • 青が綺麗かもしれない
  • 爽やかな写り
  • 価格は高め

価格がネックで1本2000円弱なんですが、最近はポートラもめちゃめちゃ高く1700円くらいになってきているので、どうせなら…というかライバルになり得る存在だと思います。

肌の綺麗さはポートラの方が良いのですが、シルヴェラもすごく良い写りをしてくれますし、遊具のカラフルな感じと合わさるとさらに雰囲気が良くなります。

めっちゃざっくりですけど。。個人的にはかなり気に入りました。

作例

パッケージ通り青色がすごく綺麗にでてとても好きな感じの写り。ほんとにもう少し安ければなあというところ。

デジタルではなかなか再現しづらい気がするので使う価値はかなりあると思います!

ISO160は2本なので選択肢が少なくて良いですね。ただ、ISO160を使うならISO100、200がまだ安いのでうーんって悩むところではあります。

>>>SILBERRA COLOR160詳細レビュー